落ち込んでいる男性

ダポキセチンは抗うつ剤として開発された成分で、SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されています。
しかし、この成分を使用した患者が、射精までの時間が長くなったことから早漏に有効であると発見され、早漏治療薬として使用されるようになっています。
SSRIが元々自律神経に作用することから偶然に発見された作用ですが、勃起と射精については交感神経と副交感神経が密接に関係しており、副交感神経が優位に働くことで血管を拡張させて勃起を促し、交感神経が優位に働くことで射精を促すようになっています。
射精が早い早漏の人は交感神経が優位に働くことで、不安や恐怖といった興奮の感情を司るノルアドレナリンを大量に分泌します。
この神経伝達物質の作用で興奮すると、すぐに射精するスイッチが入ってしまいます。
このノルアドレナリンは精神を安定させる作用のあるセロトニンによって抑えることができますが、セロトニンの分泌量が少ないと、ノルアドレナリンが優位に働きます。
早漏ではこの状態になる人が多く、ノルアドレナリンによって射精のスイッチが入りやすくなっていることから、早漏を改善するにはノルアドレナリンを抑えるのが良いと考えられました。
そこでダポキセチンの作用機序によってセロトニンの再取り込みを抑え、セロトニンの量を増やすことでノルアドレナリンの働きを抑制し、興奮を静めることで射精のスイッチが入らないようにします
ダポキセチンの早漏の改善効果は臨床試験でも認められており、プラセボに比べて長い時間が射精を抑えることができたとされています。
個人差はありますが、平均して3~4倍は射精までの時間が延長できると言われているため、ダポキセチンを使用することで射精を抑えることで、満足できる性行為が実現します。