心身の変化の時期である思春期と早漏の関係性

2019年05月27日
困っている男性

思春期の時代は、子どもたちが肉体的、精神的に成長を遂げる時期です。
俗に反抗期とも呼ばれる思春期ですが、親や教師の指導に反発する事もまた自我の発達に不可欠です。
またメンタル面よりも体の方が先に成人に近い形に変化するため、それに戸惑う子どもたちもいます。
女子生徒は、生理という分かりやすい変化があるため、女性教員による保健体育の授業が手厚く行われますが、男性生徒への指導は比較的少なめです。

性教育は思春期の子どもたちに必要な指導ですが、教師の側が萎縮してしまっている事も多く、特に男性生徒を中心に、セックスやマスターベーションに対する正しい知識が得られないまま、成人を迎えるパターンがあります。
思春期の時代のマスターベーション行為は、自我の発達を促進し、精神的な成長を推し進める大事な作業です。

その時期に屈折した性知識やセックス、マスターベーションへの罪悪感を持ってしまうと、成人を迎えてからEDや早漏といった体調不良に悩まされる恐れがあります。
精神的なコンプレックス、性機能に関するトラウマは特に早漏を誘発させます。

せっかく恋人が出来ても、思春期の時代の問題によって早漏体質になっていては、努力が報われません。
早漏を医学的な支援を治したい方は、ダポキセチンを含む早漏治療薬を試しましょう。
ダポキセチンは短時間で効果が得られる早漏治療薬です。
セックス開始前に飲む事で、極端な射精を予防する効果が得られます。
ダポキセチンは食事によって悪影響を受けませんので、食事時間によって副作用タイミングは揺さぶられません。

ダポキセチンはうつ病のお薬にも使われる成分であり、過度な脳内興奮を沈静化させる効果を持っています。
性機能ではなく脳内に働きかけて早漏を予防出来るのが、ダポキセチンの良いところであり、早漏治療薬が安心して飲める特徴になります。